Search our shop

健康・WELLNESS

ヴィーガン・植物性食品

ダイエット・ワークアウト

グルテンフリー

サステナブル

腸活

健康・美容効果が満載!今大注目の成分「エクオール」のつくり方とは?

日本人にとって毎日の食生活でおなじみの大豆食品は、美味しいのはもちろんのこと、健康に良いイメージもある為、積極的に取り入れるようにしている方も多いかもしれません。

そんな大豆には「大豆イソフラボン」が含まれていることでも有名ですが、この大豆イソフラボンは体内「エクオール」と言う成分に変換されることがあるのをご存知でしょうか?

現在、様々な分野で注目を集めているエクオールには、美容効果や健康効果、若返り効果などの作用があり、さらに女性ホルモンと似ている働きがあることから、更年期症状の緩和にも効果も期待でき、このようにエクオールは、女性にとって嬉しい効果が満載で救世主的な存在とも言えるかもしれません。

しかし、エクオールは人によって体内で変換できる人とできない人がいると言われており、若い人でも条件や体質によってはつくれない人も多くいるとされています。

エクオールをつくれる人とつくれない人の違いには、生活習慣などが関係しており、これから紹介するエクオールのつくり方を参考にして対策していきましょう。

そこで今回は、エクオールの効果や簡単にできるエクオールのつくり方をご紹介します。

エクオールとは?

「エクオール」とは、大豆イソフラボンが腸内細菌で変換された成分です。

大豆に含まれている大豆イソフラボンには、美容や健康に効果があることで以前から注目を集めていましたが、近年の研究によって、大豆イソフラボンに含まれている多くの効果がエクオールと関係があることが判明し、大豆イソフラボンの効果を得られるかどうかは、「エクオール」に変換できるかが鍵と言われています。

エクオールはつくれる人とつくれない人がいる!?

エクオールがつくられる仕組みは、大豆イソフラボンに含まれている「ダイゼイン」と呼ばれる成分と、

腸内に住んでいる腸内細菌である「エクオール産生菌」によって産生されることでつくられます。

しかし、研究によってエクオールをつくれる人もいれば、つくれない人も存在することが明らかになって来ており、つくれない人は、エクオール産生菌を所有してなかったり、またはエクオール産生菌を所有していても腸内環境が良くない為、エクオールに変換出来ずにいる場合があると言われています。

その為、エクオールをつくるには、エクオール産生菌に加えて整われた腸内環境も必要になりますが、エクオールをつくれるのは、日本人では平均で2人に1人と言われており、大豆を摂取する量が少ない若い世代ほどエクオールをつくれない人が多い傾向にあります。

エクオールをつくれない人の共通点とは?

エクオールをつくれない人にはいくつかの共通点があり、特に当てはまるのが大豆食品をあまり食べていないと言う点です。

また、タバコを吸っている人はつくれないことが多く、他にも運動をほとんどしない人や、偏った食生活をしている人もつくりにくいと言われています。

しかし、エクオールをつくれない日本人の割合は世界的に見ると低い方で、大豆の摂取量が比較的少ないアメリカやヨーロッパでは、エクオールをつくれる人は平均で3人に1人で、日本人にエクオールをつくれる人が多い理由には、大豆食品を習慣的に取り入れている食生活が関係しており、エクオールをつくれる身体になるには、普段から大豆食品を取り入れていることが何よりも重要なのかもしれません。

エクオールの効果

エクオールについての研究は今も続けられており、まだまだ解明されていないことが沢山ありますが、これまでの研究でいくつかの効果が判明し、エクオールに変換できると様々な作用を得られることが実証されて来ています。

そこで、エクオールの主な効果をご紹介します。

女性ホルモンと似た働きがある

エクオールは、女性ホルモンである「エストロゲン」と構造がよく似ていることから、更年期症状の軽減や女性らしい丸みのある身体をつくると言った女性ホルモン特有の効果があり、女性の健康をサポートしてくれます。

男性ホルモン"抗アンドロゲン"の作用も!

エクオールは女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンである「アンドロゲン」の働きを抑える働きがあり、主に脱毛や前立腺肥大、前立腺癌と言った症状を抑制する作用が期待できます。

抗酸化作用

身体をサビつかせ、身体のあらゆる部分を老化に導いていく活性酸素は、年齢を重ねるにつれて増えていきます。

活性酸素は、体内にある抗酸化酵素によって抑えることもできますが、抗酸化酵素自体は加齢になると共に衰えてしまう為、活性酸素を除去するには、抗酸化作用のある食品を積極的に取り入れて、抗酸化を図らなければなりません。

エクオールには抗酸化作用があり、エクオールがつくれることで活性酸素の発生を防ぎ、体内の酸化を予防することができます。

美肌効果

エクオールには、肌の老化を抑えて透明感のある肌に導く美肌効果も期待できます。

抗酸化作用によって身体の酸化を抑えることで、肌にも良い影響が出始め、シミ、シワの予防、改善や、くすみやたるみを除去する働きがあり、若々しい肌を取り戻すことが可能です。

骨密度がアップ

エクオールには、骨密度を強化する効果が期待できます。

加齢と共に骨量が減少し、骨粗しょう症に罹るリスクが高まりますが、エクオールを持っている人は骨密度が上昇しやすい傾向にあることが研究によって判明しており、エクオールによって骨密度の減少を抑えることが可能です。

自分がエクオールをつくれるのか調べるには?

エクオールは平均で2人に1人しかつくれないと言う事実を聞くと、自分は果たしてエクオールを作れているのか不安になってくるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、エクオールをつくれているかを判定してくれる「エクオール検査」です。

尿検査を行うことでエクオールが作られているのかを調べることができ、さらに、検出されたエクオールの数値や、全国平均でのレベルも知ることができます。

エクオール検査は、クリニックだけでなく郵送でも数千円ほどで受けることができるので、気になる方は是非受けてみましょう。

エクオールがつくれないと判明した場合

エクオール検査でエクオールが検出されず、自分の身体ではエクオールがつくれないと判定されてしまう場合もあります。

しかし、エクオールがつくれないと判定されても、諦めてはいけません。

エクオールがつくれないと判定された人でも、後日、再度検査を受けると稀にエクオールが検出されることもあり、ある日突然エクオールをつくれるようになっている場合もあるようです。

その為、一生エクオールがつくれないと決まった訳では無いので安心しましょう。

また、エクオールをつくれない体の場合は、大豆食品を食べてもエクオールの恩恵をほとんど受けることができないと言われていますが、大豆自体には様々な栄養成分が含まれているので、今までと同様に取り入れても問題はありません。

エクオールのつくり方

エクオールをつくれる身体を目指すには、エクオールの産生菌を増やすために様々な取り組みをしていきましょう。

そこで、エクオール産生菌を効率的に増やすことができる方法をご紹介します。

毎日欠かさず大豆食品を摂る

エクオールをつくるには、大豆食品を摂取して大豆イソフラボンを体内に取り入れる必要があります。

さらに、エクオール産生菌を安定して活動させるには、できるだけ毎日欠かさず大豆食品を摂取しなければなりません。

毎日欠かさず大豆食品を取り入れるのは難しいと言う方には、大豆イソフラボンが含まれている大豆プロテインを摂るようにし、食事から摂れない分を補いましょう。

腸内環境を整える


エクオール産生菌が正常に活動できる条件には、整われた腸内環境も必要になり、腸内細菌であるエクオール産生菌が生息している"腸内フローラ"のバランスを常に保つように心掛けなければなりません。

腸内フローラのバランスを整えるには、規則正しい食生活を行い、善玉菌や善玉菌のエサとなる物を積極的に摂るようにしましょう。

適度に運動を行う

腸内環境を整えるには、栄養バランスを考えた食生活だけでなく、有酸素運動などの適度な運動を習慣的に行うようにしましょう。

運動をすることで代謝がアップし、血行が促進されることで腸の働きが良くなり、腸内環境を整えることができます。

質の良い睡眠をとる

エクオールをつくるには、十分な睡眠をとることも大切です。

睡眠は時間だけでなく、質の良い睡眠をとることが何よりも重要で、睡眠の質を上げるほど成長ホルモンを分泌されることができます。

質の良い睡眠をとることで疲労回復や免疫力アップにつながり、その上、腸内フローラにも良い影響をもたらしてくれます。

睡眠の質を高めるには、就寝する1時間半前に入浴をし、眠る直前にスマートフォンやパソコンなどの液晶画面(ブルーライト)を浴びないように注意しながら、リラックス効果のあるハーブティーを飲んだり、アロマテラピーを取り入れたりと、リラックスできる環境を作ってみましょう。

まとめ

まだまだ解明されていないことが多いエクオールですが、現時点でもこれほどまでの効果が判明しており、今後も研究によって徐々に解明されていくかもしれませんね。

エクオールは女性にはもちろん、男性にも様々な健康効果をもたらし、年を重ねるほど恩恵を受けられることから、健康に長生きをするにはエクオールをつくれることが今後重要になってくることでしょう。

みなさんも是非、大豆食品の摂取と規則正しい生活習慣を心掛けながらエクオール産生菌を増やし、エクオールがつくれる環境を目指して整えてみてはいかがでしょうか?