Search

Search our shop

健康・WELLNESS

ヴィーガン・グルテンフリー

ダイエット・ワークアウト

サステナブル

腸活

Wellness Tree ジャーナル

アンチエイジングは食べ物を意識すべき!スーパーで買える栄養素・食べ物を紹介!

 

アンチエイジングは食べ物を意識すべき!スーパーで買える栄養素・食べ物を紹

「最近なんだか老けてきた…」

「シワやシミなどの肌トラブルが目立つようになった…」


女性にとって肌トラブルや加齢による肌老化は大きな悩みの一つです。


そんな老化現象を食い止めるには早めのアンチエイジングケアが必要不可欠。


食生活を改善するだけでも、アンチエイジング効果が得られるので、普段から口に入れる食べ物を意識することが何より大切です。


そこで今回は、アンチエイジングと食べ物の関係や、アンチエイジングに効果のある栄養素、避けるべき食べ物などを詳しくご紹介します。


アンチエイジングは食べ物を意識することは大事


アンチエイジングというと、肌のスキンケアや美容サプリなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、それよりも大事なのが食事です。


まずは、アンチエイジングと食事の関係から見ていきましょう。


抗酸化作用は加齢で低下する


人間の体には元々、尿酸やアスコルビン酸、メラトニンといった抗酸化作用を持つ物質が存在しています。


しかし、これらの抗酸化作用は20代をピークに、加齢とともに低下していきます。


さらに30代前頃から、細胞や皮膚の機能も低下するといわれているため、普段の食事によって抗酸化作用を持つ栄養素を摂取することが大切です。


ちなみに、加齢だけでなくストレスも老化の原因となるので、日頃から抗酸化作用を持つ食材やアンチエイジングに効果のある食べ物を意識的に取り入れるようにしましょう。


スーパーで買える抗酸化作用のある栄養素と食べ物


続いて、スーパーで手軽に買える、抗酸化作用のあるおすすめ食材と、アンチエイジングに効果的な栄養素6選をご紹介します。


具体的にどんな食べ物や栄養素をとればいいのか分からない…という方は参考にしてみてください。


ビタミンC


アンチエイジングに効果的な栄養素といえばビタミンCです。


ビタミンCは緑黄色野菜や果物に多く含まれており、コラーゲンの生成をサポートしたり、ビタミンEの活性を促進したりする働きがあります。


また、細胞の劣化を防いで、肌のハリやツヤを保つ効果などもあるので、高いアンチエイジング効果が期待できます。


▪️ビタミンCを多く含む食材


・パプリカ

・パセリ

・ブロッコリー

・にんじん 

・トマト

・キウイ

・いちご

・柑橘類


また、にんじんに含まれるβカロテンやトマトに含まれるリコピンにも高い抗酸化作用があるので、緑黄色野菜をはじめ、にんじんやトマト、フルーツ類なども積極的に取り入れましょう。


ビタミンE


ビタミンEもアンチエイジング効果の高い栄養素です。


ビタミンEには血行を促進して新陳代謝を活性化させる作用があるため、肌のターンオーバーを正常にしてくれます。


▪️ビタミンEを多く含む食材


・ごま

・アーモンド

・ひまわり油

・やし油

・ナッツ類


また、ナッツ類にはビタミンEをはじめ、ミネラルや植物性たんぱく質なども豊富に含まれているので、肌や髪に栄養を与えて、美肌や発毛を促進してくれます。


ただし、ナッツには脂質も多く含まれているので食べ過ぎには注意しましょう。


1日25g以内に抑えるのがベストです。


ポリフェノール類


アンチエイジングといえば、ポリフェノールも代表的な栄養素の一つです。


ポリフェノールには、シミやシワなどの老化の原因となる、活性酸素を除去する働きがあります。


▪️ポリフェノールを多く含む食材


・プルーン

・りんご

・赤ワイン

・コーヒー

・紅茶や緑茶


フルーツの場合は、皮の部分にポリフェノールが多く含まれているので、皮ごと食べるのがおすすめです。


ミネラル類


ミネラルもアンチエイジング効果の高い栄養素です。


中でも、セレン、銅、マンガン、亜鉛などのミネラルは「抗酸化ミネラル」とも呼ばれ、エイジングケアに欠かせない抗酸化酵素の働きをサポートする効果があります。


▪️ミネラルを多く含む食材


・海藻類(わかめやひじきなど)

・魚介類(えび、いか、貝類など)

・納豆


ミネラルは熱に強いという特性を持っている反面、水に溶けやすいため、茹でるよりも蒸すなどの調理法を取り入れましょう。


カロテノイド


カロテノイドは緑黄色野菜や濃い色の野菜、果物に多く含まれる成分で、高い抗酸化作用を持っています。


中でも、赤いパプリカには、カロテノイドの中でも特に抗酸化作用の強いキサントフィルという成分が含まれているので、パプリカをはじめ、濃い色の野菜を積極的に取り入れましょう。


▪️カロテノイドを多く含む食材


・緑黄色野菜

・パプリカ

・オレンジ

・トマト

・ほうれん草


ちなみに、カロテノイドは油溶性なので、サプリを活用したり、油を使った調理法で食べたりすることで、体内への吸収率がアップします。


タンパク質


タンパク質もアンチエイジングに効果的な栄養素の一つです。


タンパク質には、肌のハリをつくるコラーゲンの材料となるアミノ酸が豊富に含まれているので、美肌や美髪効果が期待できます。


▪️タンパク質を多く含む食材


・肉類

・魚類

・卵

・豆腐

・納豆


中でも、肉や魚、卵などから摂取できる動物性タンパク質には良質なアミノ酸が豊富に含まれているので、これらの食材を日頃から積極的に取りいれましょう。


避けるべき食べ物・飲み物


続いて、老化の原因となるNG食品や避けるべき食べ物・飲み物をご紹介します。


お菓子やジュース


お菓子やジュース類の過剰摂取は、老化を早める要因となるので、なるべく避けたいところです。


中でも菓子類は小麦粉や砂糖を大量に使っているものが多いため、糖分の過剰摂取に繋がります。


また、清涼飲料水に含まれる人工甘味料は通常の糖に比べて約10倍の早さでAGEをつくると言われています。


AGEは、強い毒性を持っており老化を促進させる原因となるので、糖分や人工甘味料の過剰摂取には十分気をつけましょう。


ラーメン


ラーメンもできれば避けたい食品の一つです。


中でもカップ麺などのインスタント食品には糖質や脂質だけでなく、保存料なども含まれているので、食べ過ぎると老化の原因になるだけでなく、健康を害する恐れもあります。


また、ビタミンやミネラルが不足していて栄養バランスが悪い上に、酸化した油が使われている可能性もあります。


酸化した油を摂取することで、体を酸化させて老化を早める原因になるので、インスタントラーメンなどの加工食品などはなるべく避けるようにしましょう。


そもそも暴飲爆食しない


また、暴飲暴食は活性酸素を増やして体の酸化や糖化を進める要因となるのでNGです。


1日3食規則正しい食事と、よく噛んで食べることを意識しましょう。


よく噛んで食べることで、活性酸素を減らす効果も期待できます。


毎日、口に入れるものを変えよう


アンチエイジングは食べ物を意識することが何より大切なので、毎日口にいれるものは良質なものでなくてはいけません。


続いて、普段の食生活に無理なく取り入れやすい、おすすめ食品をご紹介します。


プロテインバー


アンチエイジング効果はもちろん、美容、健康、ダイエットとマルチで活躍してくれるイチオシ食品といえばプロテインバーです。


中でも、大豆由来の良質なタンパク質てつくられた「SOY Concept」のソイプロテインバーは、毎日の食事に無理なく取り入れられるので特におすすめです。


「SOY Concept」のプロテインバーは、大豆由来の良質なタンパク質をはじめ、イソフラボンの栄養を含んでおり、1本でアンチエイジングに欠かせない栄養を手軽に摂取できます。


人工甘味料をはじめ、保存料なども一切使われていないため、健康を気遣う方でも安心して食べられますよ。


さらに、タンパク質の含有率も37.8~39.6と他のプロテインバーに比べて高いのが特徴で、良質なタンパク質を効率良く摂取できるのも嬉しいポイントです。


味の種類も、アーモンド・ブラックセサミ・カカオと充実しており、ブラックセサミにはアンチエイジングに効果的なセサミンも配合されてるので、ぜひ、おやつや間食、朝食の置き換えなどに、「SOY Concept」のプロテインバーを取り入れてみてはいかがでしょうか?


お得な定期便コースが続けやすくておすすめ


さらに、「SOY Concept」ではお得な定期便コースもご用意しています。


定期便コースなら1ヵ月~3ヵ月の配送頻度から選べて、毎月自動で届くので注文忘れの心配もありません。


毎日無理なく続けるためにも、ぜひこの機会にお得な定期便コースを検討してみてください。


まとめ


今回は、アンチエイジングと食べ物の関係、アンチエイジングに効果のある栄養素や、避けるべき食べ物などを詳しくご紹介しました。


老化を防いでいつまでも若々しい体や肌を維持するためには、日頃からアンチエイジングを意識した食生活を送ることが大切です。


ご紹介したおすすめ食材や抗酸化作用の高い栄養素、アンチエイジングにイチオシのプロテインバーなども参考に、食生活を改善して、健康的な体と美肌を手に入れましょう。